長谷川裕一公式ブログ スタジオ秘密基地

2016年冬コミケは 12/30(金) 東2ホール"V"30a「スタジオ秘密基地」で参加します!
カバー完成!
コミックス表紙

出来ました!12月26日同時発売「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」1巻、 そして「MSV戦記 ジョニー・ライデン」のコミックスカバーが!どうです!宇宙世紀0079、ガンダムの始まり一年戦争のジョニーと、宇宙世紀0169、まだ見ぬ宇宙戦国時代に突入!の、DUSTを、対称にポーズをつけて表現してみましたよ!さらにジョニーの方には新たに3pのミニマンガのおまけ、「帰還したジョニーと帰還しなかったジョニーの出会い」編をつけさせていただきましたよ!そう。ガンダムエースで大好評連載中の「MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」のレッド・ウエイラインと家のジョニーの出会いだ(ちゃんと認可済)是非、お近くの書店で!(2冊とも〜♪)
色紙 さて、そんなこんなもあったりで、先日「MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」の作者、Arkさん(達)と、対談してまいりました〜その時の、サインがこちら!じゃん!ガンダムにまつわる、世代的な思い出話などをつらつら、語ってきましたが〜どんな記事にまとまってるかは、私もまだ知らない(笑)対談記事は同じく12月26日発売の「ガンダムエース」2月号に掲載されるので、そちらもお楽しみに!


おっとその前に、11月26日のガンダムエース1月号DUST第5話「連邦軍襲撃作戦」のほうもよろしく! 登場早々のあの人がいろんな意味で大暴れだ。

来年2月には1/144HGUCクロスボーン・ガンダムX-3 もプレミアムバンダイにて、発売決定!クロスボーン・ガンダムシリーズは、ますます盛り上がってゆくよ!

そして!コミケも受かりましたあ!

金曜日(30日)

東 第2ホールV瓮屮蹈奪ー30a「スタジオ秘密基地」

です!今回は久し振りにメカ作品のラフデザイン集、「らふでざ2」(仮)を作っております!主に「鋼鉄の7人」から、最新作「DUST」までの登場メカニックの成立の経緯などを紹介しちゃうよ!こちらも是非!お立ち寄りください!

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=167 | -|
魂ネイション開催!

いやあ、いよいよ今日からですなあ。バンダイ コレクターズ事業部のフィギアの祭典、「TAMASHII NATION 2016」!行きたかったんですが…わっはっは、仕事に追われて今年は無理ですわ〜!でも、行きたかったなあ。行くと、いつも何か、新しいアイテムについてのちょっといい情報が見られるんですがねえ。うん、行くとちょっといいものが見られるかもしれない!と、いう、本日は長谷川裕一からの謎のメッセージの告知でありましたあ!ははは!「TAMASHII NATION 2016」は秋葉原UDXにて、10月28(金)29(土)30(日)の3日間、開催で〜す!

さて、「クロスボーン・ガンダム DUST」4話は、いかがでありましたでしょうか?もともと、なんでもありのレストア機が横行する世界感を早めに提示する目的で、水陸両用機を宇宙で使おう!と思っておったのでありますが、「う〜ん、水陸両用機…で出してインパクトのある、一番メジャーなのはズゴック、かな?しかし、ソレを出すならやはり、ゾックも出さないとな!(ですよね!)」という流れでの、MSキャスティングでした。(←わかる人だけ、「くすっ」と思ってくれればいいや、と思っていたのですが、)想像以上に反響が大きく、う〜む、35年以上たつのに、愛されているなあ、と深く感じいった次第です。では、次は、また、進行中の原稿が上がる(であろう 笑)11月上旬ころに!

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=166 | -|
10/26はDUST第4話!
ばたばたしているうちに明後日10/26はもうガンダムエース12月号の発売日です! クロスボーンガンダム DUST は第4話「どこかで賽はふられていた」になります!
クレイン
ってことで本日は、すっかり遅れてしまった第4話に登場するソノMSのスケッチご紹介!
「クレインは女性風のフォルム、変形(します)、アンテナをほかの機体と一瞬で区別できるように横長にする、という3代話みたいなところから、こねくりだしたデザインで、バイラリラのフレームを使っているという設定は、上記の条件から考えたものです。これも割と気に入ってます(笑)」
バイラリラは女性的な中にもちょっと不気味な感じがあって、そこがいかにも木星な感じでしたが、これは素直に美しいですよね。

本編はもう、惜しみなくばんばんと進んでいきますので、次回もお楽しみに!
先生のほうも単行本作業に追われ、管理人も案件に追われまくってまして、さらっとで申し訳ありませんが、とにかく明後日はガンダムエース12月号をどうぞよろしく!
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=165 | -|
MEAN公開開始!


さて、ちょっと前からマンガ図書館Zにて、ヒーロークロスライン「HXL」の作品群の公開が始まっておりましたが、いよいよ!われらが「MEAN−遥かなる歌−」全3巻の公開も始まりました!始まっております!もうすでに。あいかわらず、ちょっと遅い 笑) これはご存じない方のために軽く紹介しておくと、私、長谷川裕一が原作、作画を栗原一実が担当した作品で、すさまじい超能力と引き換えに、寿命が残りわずか一年、という運命を背負った、セミの能力者、少女MEANを主人公とした、アクションヒロインまんがです。

当時 コンビで制作!ということもあり、新しい方向性に挑戦した意欲作です。画像は近年、ヒーロークロスライン原画展が開かれたときに新たに描かれたイラストであります。うん。かわいいうん、MEANがね。普段アイドルをやっているという設定がね。思いついていても、私の絵柄では説得力にね、ちょっとアレかと思っていたので、(笑)これはいい機会であろう!と!ヒロインもグラマー美少女!と!いう路線に挑戦してみたのですが、やってよかったあ!物語もいつもとは一味違った雰囲気になっていると思うので、是非見てみてください!

そもそもさかのぼって、HXLという企画自体をよく知らない、という方も今となっては多いかもしれませぬので、解説をしておくと、これは2007年頃、「複数の作家で、共通の世界観をもつ、ヒーローもののシェアードワールドを作ろう!」という意図の基、村枝賢一、たかしげ宙らが中心となって立ち上げられた企画で、今でいうと「和製アベンジャーズ」をめざした、といえば、イメージしやすいでしょうか? HXLはネットで展開していたのですが、その後、掲載母体である「マガジンZ」の休刊もあって、いったん休止と相成りましたが、実はこのマンガ図書館Zで、ひとあし先に公開していた、長谷川裕一&スタジオ秘密基地による「スタジオ秘密基地劇場」(全2巻)も、このシェアードワールドに属する作品なのでした。最終話「プロメテウス大戦」はその「中締め」として、HXL由来のヒーローが多数参加、一大・クロスオーバーを展開しております!ので、そちらもあわせてお楽しみいただければ、と思います。

さらに、ご報告。(ちょっと遅くなりましたが〜笑)「機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST」1巻は12月26日に発売決定!

さらにさらに、かつてコミックボンボンに掲載された「MSV戦記 ジョニーライデン」が新装版として同時発売!

宇宙世紀0079の隠された戦いと、宇宙世紀0169の新たなる戦いが、同時に発進!

現在、まとめてコミックスを並行作業中!で、あります!(いそがしい…わけだわ)

もちろん、クロスボーンガンダムDUST本編も順調に連載中。3話は読者に「ああ、こんな会社なら、はいってみたいなあ、」と「無敵運送」のことを思ってもらえれば、と思いつつ描いておりましたが、いかがでしたでありましょうか?そして続く4話には、3話のラストでアノMSが出てきた以上、ソノMSも出るに違いない、と予想していた皆様。出ますよ(笑)ちゃんとソノMS(ネタバレ?笑)お楽しみに。そしてMSコンテストのゲーム部門の、選考も終了しました!受賞作5体の予定だったのですが、やっぱり、一体増えて6体に(笑)早ければ、5話から登場しますので、そちらもご期待ください!

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=164 | -|
ガンダムブレイカー御礼&第3回ローカルヒーロー祭

先生、最近連絡来ないけど、大丈夫ですか〜

「今月号のCG作業の疲れからやっと復活してきたところ(笑)。最近、年のせいか、復活に時間がかかるようになってきました(笑)」

わかります。私も最近、マウスの細かい操作が重なると手がすぐ痛くなるんで困ってます(苦笑)

「そういや、ガンダムエースのMS募集のガンダムブレイカー部門なんだけど、ものすごい数の応募がありまして!なんと応募総数514通!お〜! かなり驚きました! 応募して下さった皆さん、本当にありがとう! ゲームの応募で気軽にできるということもあったんでしょうが、今、楽しく選考させてもらってますので、詳細はまた。ところで追い込みで行けなかったけどローカルヒーロー祭はどうだった?」
ローカルヒーロー祭

はい、10月1日(土)、2日(日)に、蘇我のフェスティバルウォークで開催された第3回日本ローカルヒーロー祭、少しだけ行ってきました。いや今回は我が家も忙しくて、用事の合間にちょっと行ってとんぼ返りしてみたいな感じだったので、写真も少ししかなくてヒーローの皆様に申し訳ないのですが、また紙芝居にしてみましたので、上の写真をクリックしてみてください。

去年まではフェスティバルウォークのメインの駐車場を使っていたんですが、今年はメインストリートからは見えない海側の区画でやることになっていて、やっぱりちょっとこじんまりした感じになりました。まあ普通のお客様にご迷惑だった、、、んだろうとは思いますが(苦笑)、でも道を普通にヒーローたちが闊歩してるのが異空間な感じですごく良かったので、その意味ではちょっと残念だったかな。

でも病気で活動休止されてたミヤマ仮面さんがすっかり元気になって復活してたり、新しいヒーローさんも来てくれてたり、嬉しいこともありました。相変わらず小さな子供たちがたくさん来てるし、大きなお友達(笑)もますますたくさん来てるし(笑)。たとえ混んでて見えなくても、「うんうん、良かった良かった」と幸せな気分でした。
あと前回よりコラボショーの割合が増えていたのも良かったと思います。同じ県内で集まって活動しておられるヒーローも多くなっているようですが、それを全国的にやってるのがこの祭りですからね。デブーマスクさんとか骸さんみたいに仕切りが異様にうまいヒーローさんがいたりとか、そういったところも面白いんだなぁ。

今年は1日目のスタートは雨になり、2日目はかなり蒸し暑くなりで、アクターの皆さんもスタッフの皆さんも本当に大変だったと思います。毎年楽しいイベントをありがとうございました!
ところで、私、今気づいてびっくりしたのですが、このローカルヒーロー祭、千葉市のホームページのイベントカレンダーにも載ってたんですね。うんうん、いいぞ。

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=163 | -|
 | 1/29PAGES | >>