長谷川裕一公式ブログ スタジオ秘密基地

2017年冬コミケは 12/31(日) 東第4ホール"ル"15b「スタジオ秘密基地」で参加します!
同人誌表紙完成!
管理人がすっかりご無沙汰してしまいまして申し訳ございません。とうとう12月になってしまいましたね! 前回のDUSTはお楽しみいただけましたでしょうか? ここだけの話、先生はフォントとアーノルドにそーとー苦労してるんですよ(笑) コントロール不能なんですって。
でも個人的には、フォントやアーノルドは長谷川裕一の世界を広げるのに一役買ってるかなって思ってます。作家さんとキャラクターの出会いも、リアルな人と人の出会いと同じで、どういう相乗効果が表れるか会ってみなきゃわからないというか、面白いものですね。

さて本日は冬コミの同人誌の表紙をご紹介! お約束通り、デビュー直前の作品です!
コミケ2017冬
デビュー直前の作品をコピーよりサルベージしました! メカデザイナー宮崎真一君の強い勧めもあって(笑)本にしてみました!裏表紙にもある通り、そこからデビューまでのいきさつを書いた、エッセイ的なものも同時収録! B5版表紙込70頁を900円でご用意しましたっ!」
いや私も今回初めて読ませていただいたんですが、こーれは名作だっっ! 驚きました! 宮崎さんがアシスタント時代に読んで印象に残っていたということで先生に強力に勧めて下さったらしいのですが、宮崎さんありがとうございます! 確かにこの時代に、これはすごい! なんでこれが「デビュー作」にならなかったのか、といったエッセイ部分もすごく面白かったです。己の創作を仕事にしようと思った時、何が壁となり、若き長谷川裕一がどういう思いでそれを乗り越えたのか。長谷川ファンには必携の一冊になったと思います。
「そして、そのほかにアシスタント作の同人誌を2冊ご用意しました! 下が猫崎実責任編集の『MIX−IMS』(300円)」
コミケ2017冬

コミケ2017冬
「右が主にメカを担当している渋谷エヌの個人誌で『CROSS BORN TO LOSE』(500円)。
それぞれに違う切り口で、クロスボーンガンダムシリーズに登場する、サブメカ、モブMSなどを画稿と解説でご紹介するDUSTの副読本的なメカ本です」

モブMSって、、、マニア心をくすぐりますね! メカ好きな方は、これを読んだらDUSTをまた舐めるように読み返してしまうのでは(笑) メカ本関係はあとから通販にならない可能性もありますし、お出かけの皆様はぜひ3冊まとめてご入手下さい!

「おおっと! もう一つ! なんと、じゃん! 2018年3月29日発売の「スーパーロボット大戦X」に、「鋼鉄の7人」が参戦決定! 詳しい情報は入手し次第、こちらでもお伝えしますので、続報をお待ちください!ファミ通のが早いかもだけど(笑)」
本日夜9:00からの「生スパロボチャンネル」で告知される予定だそうです!
http://www.suparobo.jp/topics/2017/event_01.html
http://live.nicovideo.jp/watch/lv308955274?ref=sharetw
http://live.b-ch.com/suparobo/
スパロボお好きな方は上記放送と来年をぜひお楽しみに!


さて、管理人は先日、同居の義父が会話中に急に意識不明になり、生まれて初めて救急車体験をしました。おかげさまで2泊で退院できたのですが、当日は、本人の病歴、手術歴、身長体重に始まり、薬や食物のアレルギーから排泄の頻度まで(!) 色々聞かれたり書かされたりしました。こりゃ大変だと思い、早速、義父母の現況(介護無しで歩けるかとか、体内に入ってる金属や入れ歯の有無も)から当日受けた質問の答えをまとめたペーパーを作り、保険証と一緒に二人に持たせてしまいました。これでかなりの事が「別紙参照」でクリアできるはずです。
ってことで、保険証、かかりつけ病院があるならそこの診察券、お薬手帳、常用薬の在り処はご家族内でお互いわかるようにしておき、ご高齢の方がおられるなら病歴などもよく確認しておくと、いざって時に役立ちますよ〜。
とはいえ、基本的に救急車のお世話にはならないようにお気を付け下さいませ。そろそろ忘年会シーズンですけど、まずは飲みすぎないで〜(笑)
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=200 | -|
ファントム発売!&…

ファントム
みんなっ!今日が何の日か覚えているかな?そうだ!本日11月23日はネクスエッジスタイル「ファントムガンダム」の発売日だ!お〜!ホビーショップへ急げっ!(ちょっとテンションがおかしいのは勘弁してやってくれ)と、興奮も絶好調のさなか、
ファントム
なんと、ネクスエッジスタイルで銀色の「ゴーストガンダム」の発売も告知されましたよ!オオオオ!いや〜もちろん、作っているのは知っていたんですがね(笑)予想外に発表が早かった!&画像をもらったら、超・カッコイイ!じゃ、ありませんかっ!ご覧のようにオッドアイにもなる仕様。(下の写真を見るとわかるように両目ともガンダム目にもできる)打ち合わせの時、ボディは塗装だと聞いたような記憶があるのですが、え〜と…この光沢、ほとんどメッキだよ?そして、写真だけではややわかりづらいかもしれませんが、ファントムフレイムの色が…実は微妙に変えてあります!
ファントム
目のせいじゃないよ!銀に美しく映えるために、やや紫色に偏向してあるのだ!(と、いうことは、もちろん、ファントムと入れ替えたりもできる!緑、紫のファントムとか、銀、ピンクのゴーストとか!入れ替えるだけで、雰囲気変わったりするのじゃあありませんか!)武器もクジャクがついてるし〜!う〜む、これ…すごくないですか?こちらは翌・24日16時から、魂ウェブ商店で予約開始であります!こちらも、是非!

さて、ガンダムエース1月号はいつもより、ほんのちょいと早い25日発売! 「機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST」も絶賛連載中!17話は「コロニー潜入作戦」え?誰が?どこに?何をしに?予想外の展開が待っていますので、 こちらもお楽しみに!ではまた。

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=199 | -|
冬コミ出ます!

はい、どうも!冬コミ、当選いたしましたっ!

日曜日 東 第4ホール爛覘瓮屮蹈奪‐15b、

「スタジオ秘密基地」です!

31日(!)と、大晦日ですが、コミケにおいでの皆さんは、是非、こちらにもお立ち寄りください!今回の出し物は長谷川裕一のデビュー直前作、「テ・ン・コ・ウ・セ・イ」!「学校にロボットの先生がやってくる」という、学園SF。 なのになぜかタイトルはテンコウセイ(笑)見本の画像はこんな感じ。

幻の作品
ははははは!絵が古いとか言っても無駄だ!実際に古いのだ!(たぶん)1983年の作品だ!
さて、この作品、ネームが編集に認められ作画となったのですが、とある事情で掲載を見送られ、幻のデビュー作、となったいきさつを持つ作品です。今回は作品とともに、そういったと裏事情などもあわせてご紹介しようかと思っています。(30ン年前だもの。時効だよねえ)まあ、漫画家長くやってますが、デビュー前は、うまくゆくことばかりでもなかったりするわけですよ(笑)
その辺の(デビュー前の編集部とのやり取りなんかも含めて)エピソードなどに興味のある人にも、興味深く読んでいただけるのではないかと思います。そのほかにも、おまけ的な本が1〜2用意できそうな、できなそうな、という感じですが、その辺はまた順を追って、はっきりし次第、報告いたしますので、お待ちくだされ。
さて、本日はもう一つ、ご紹介!じゃん!「佐藤好春と考えるキャラクターとアニメーションの描き方」!
アニメーションの描き方
これは、私の友人の釘宮陽一郎が、スタジオジブリのアニメーター、佐藤好春さんとタッグで作った、アニメーションの作り方の解説本だ!(こちらのトラッシュスタジオのサイトに飛んでもらえると、さらに詳しく!)この本の特徴は、アニメの「フィルム」の作り方というより、「作品」としての作り方…その段取り、みたいなところから解説している、という点で、なにしろ、トラッシュスタジオでCMアニメのプロデューサーやってる男の書く本ですからね、「企画の作り方」から、「コンテの描き方」など、将来、アニメを作りたいと思ってる人(プロデューサー的な意味で)な人により、おすすめでありますよ。興味をお持ちの方は、こちらも是非!
さて、今月26日発売のガンダムエース1月号の「クロスボーン・ガンダムDUST」はカラーつき!どんな展開になるか、お楽しみに!ではまた月末に!

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=198 | -|
製品見本、届きましたあ!
製品見本
どうも! 先日、サンライズ、バンダイ、角川、私で、会議があり、その席で、これから発売される商品のサンプルをいただきましたので、ドカーン!とご紹介!まだ試作品だそうですが、基本、発売品と変わらないとのこと。(すりあわせの調整のために、多少削ったりして傷がついているかも、なんて心配しておられましたが、気になるようなものは一つもありませんでした。)「ネクスエッジスタイル ファントムガンダム」(左)と「METAL BUILD F91ハリソン機」(右)のそろい踏みだあ!うむ、体型は違えど、こうしてみると、どちらもともに大迫力!そしてパッケージがこちら。
製品見本
F-91 の箱が…でかい!さて、注目は右のネクスエッジ、ファントムガンダム。「お客さんに是非、自分の手でフレイム・オン(そりゃ、ヒューマントーチだよ)を味わっていただきたい!」という理由で、図の状態で梱包。粋なはからいであります。ではまず、発売の近い、この「ネクスエッジスタイル ファントムガンダム(まあ、ガンダム言うておるのはフォントだけですが 笑)からご紹介。(魂ウェブ公式ページ)
製品見本
(1)は角と胸だけフレイムを出した状態。フェイスオープンは、フレイム発動時に開くものなので、通常はだいたい、この位の感じではなかろうかと。個人的にはしっくりくる形態です。ご覧の通り、なかなかの男前に仕上げていただきました!そして
製品見本
(2)がご存知、発動状態。こ、こえ〜!大魔王の様だ!(自分でデザインしておいて何をいまさら 笑) 製品見本 ちなみに、このフレイム、ピンクの部分だけさしているわけではなく、基部にあたる白い部分、(デコは額ごと)付け替える仕様なので、(つまりクリアーピンクのパーツに塗装してある!)付け替えても安定感が、ありとても良いですぜ。

←ちなみに中の顔はこんな感じだ!ダクトが作り込んである〜!

そして「METAL BUILD F91ハリソン機」だ!みよ!この流麗なフォルム!(もちろん、F91からだけど)(1) 下左)
製品見本 製品見本
そして見よ〜!このビームシールドの薄いこと!そしてこのグラデーション!(2) 上右)

さらに、F91 をお持ちの方はご存知でありましょうが、頭部がなんと!2種類ついてくる!マスクに継ぎ目のない、ディスプレイ用と、フェイスオープンのギミック内蔵のものだ!このギミック付き、側頭部を開いてから、とさかを押すと、カシャ!っと変形しますぞ!(3) (魂ネイション紹介ページ)
製品見本
う〜む、26年越しで、映像が立体で再現される日がこようとは!すごい時代になりましたよ。では、私はこれらを心置きなく、遊び倒したくなったので、一刻も早く、原稿を仕上げるため、お仕事に戻るであります!では、また!
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=197 | -|
台湾のガンダム

皆様、台風のほうは大丈夫でしたでしょうか? 10月のこの時期に特大台風なんて驚きです。色んなことに備えておかないとダメですね。
さて、明後日26日はガンダムエース12月号の発売日。クロスボーン・ガンダムDUSTは16話「水紋」です! ここで来たか!!と皆様も手を打ったであろうサイコガンダム。あのでっかいのをどうやって食い止めるのか。カグヤとエラゾの決着は? 相変わらず痛快に怒涛のように進んでおります。ぜひお楽しみに!

さて、今日はすごい写真が来てます。どん!

ガンダムとザク

 

一緒に撮影 「アシスタントさんが台湾旅行をして、あちらのガンダムイベントを撮影してきてくれたので、その写真などを。 台湾限定ガンダム(色違い)なども売っており、かなり盛況だったそうで(昨日、声優古谷徹さんの参加する、50周年記念イベントは終了してしまいましたが、イベント自体は11月1日まで続くそうです。)、台湾ではガンダム女子も多かったそうです(笑)。いや〜ガンダムに国境はありませんなあ(ガンダムの中では戦争ばっかりだけど 笑)限定プラモはお土産に一つ頂いたのですが、せっかくなので、遠からず、組み立ててからお見せしますね。(笑)」


昔、グレンダイザーやボルテスが東南アジアで大ヒットした頃、対立気味の民族同士もそのアニメの話だけでは意気投合した、という話を聞いてすごく感動したんですが、人の根源的な共通部分を揺り動かすような力が日本のアニメにはあるんでしょうね。その力で皆さんの懸け橋になってくれると嬉しいですが。

 

 

 

「そういえばもう一つ! 12月号見本誌が来てるんですが、ゲーム紹介のコーナーのp27に間違いがありますので一足先に修正情報を流しておきます。『SDガンダムオペレーションズ』の左下の図に『クロスボーン・ガンダムX−0』と書いてありますが、これ、リアシュラク隊の『黒いビクトリーガンダム』ですね(何か名前つけとけばよかったかな 笑)。ゲーム記事のチェックまでは回ってこないもんで、このタイミングで申し訳ない(私のせいではないが 笑)。
とはいえ!リアシュラク隊の『黒いビクトリーガンダム』ゲーム初参戦!ですので、トレスさんや、イーさん、ドゥさんに思い入れのある方は、是非、入手にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?」


おっと大変。12月号を購入したら皆様、すぐチェックして下さいませね。まあクロスボーンファンならすぐ気づくとは思いますが(笑)。ということでクロスボーンガンダムDUST最新話、ぜひよろしくお願いいたします!

 

 

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=196 | -|
 | 1/35PAGES | >>