長谷川裕一公式ブログ スタジオ秘密基地

もうすぐ26日!
26日はガンダムエース6月号の発売日! DUST22話は「首切り王」が掲載されます! 前々回にシルエットだけ出てきた怖そげな親玉とアッシュが顔を突き合わせて対峙します。首切り王とはいったい誰なのか。ぜひお楽しみに!
さて、先生は何やってるんですかね。またガンダムブレイカーかな?
「甘く見てもらっては困る。こういうものを作ってみたのだ。見よ、リアル『ゴースト9巻表紙』!」
9巻表紙
うおー! 力作だ! どうしたんです、急に!
「いや、ガチャポンのSDガンダムでゲドラフが出たので、ちょっと組み合わせてみました。もう一個、ゲドラフが出てくれたら迷彩に塗っちゃったんだけど(笑)ガチャはなかなか狙ったものはでません(笑)」
いや、かなりいい感じですよ! この際、全巻チャレンジしてはどうですか?
「げ。そ、それはちょっと(笑) ああ、そういやレディ・プレイヤー1の試写会にも行ってきましたよ(今はもう普通に始まってるけど)。題材はネットゲームなものの、内容は結構、由緒正しいハリウッド映画。でも見せ場でメカゴジラやガンダムが出てくるという不思議な作品で、『これが世界中のスクリーンで!?』と、思うと少し、狐につままれたような気分も味わえます(笑) でも、かっこよかったし、面白かったですよ!」
スピルバーグ作品にガンダムが登場するんですから、嬉しいですよね。そういや、バンダイのガンシェルジュ・ハロはいつごろ発売になるんでしょう。ガンシェルジュ・ハロはおしゃべりだけみたいですが、「本物のハロ」が売り出される日も近いのかも。うーむ、すごい世の中だ。
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=212 | -|
5巻は6月25日発売!
コミックス派の方、お待たせいたしました。「機動戦士クロスボーンガンダムDUST」第5巻が6月25日発売となりました! 地球のムーンムーンからまた舞台は宇宙に戻ります。あの人とかあの人とかも出てまいります。ぜひ、お楽しみに!

さて、今年の戦隊のルパンレンジャーVSパトレンジャーですが、なかなか面白いですよね。アイデアや基本設定もいいですが、毎回、脚本がお見事!と思います。先生もかなり気に入っておられるようでして、シルクハットやネクタイがスーツのイメージパーツになるのも絵的にいいですよね、、、なんてお話してたら、こんなものが送られて参りました!
ルパンガンダム

パトガンダム
「ルパンレンジャーVSパトレンジャーに触発されて、ガンダムブレイカーでルパンガンダムとパとガンダムを作ってみましたよ(笑)。何とかなるもんですね。ルパンの帽子は飾りパーツを3種ほど、組み合わせて再現。パトの方は年賀状のハチK-9から改造。胸にイヌもついてます(笑) 下の対決画像は合成で〜す(トクサツオタクなのでこのくらいはお茶の子さいさい 笑)」
ルパンVSパト
なんかこれで勢いついて、ガンダムブレイカーでまた変なもの作ってるそうです(笑) ソウルキャリバーにハマりまくった事もありましたけど、またブームが来ちゃったかな(笑) たぶんまた色々送られてくると思うので、お楽しみに。もしかしたらDUST本編にも出てくるかもしれませんね。なんせガンダムのお面かぶる世界ですから(笑)
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=211 | -|
ガンダム飯
ガンダムエース5月号の目次の作者コメントご覧になりましたか? そうです、衝撃の(笑)DUST21話。こちらにネームが送られてきたときも「よっぽど『ガンダム飯』にしようか迷ったんだけど」って先生のコメントがついてたんですよ。
なに? なんなの急に? もしかしてフォント回なの? フォントがガンダム弁当を売り出すの? とハテナを飛ばしながらネームを読み進めたときの衝撃をお察しください(笑) モビルスーツを食べるなんて、誰も想像しません!(爆笑) まったくよくこんなの思いつきましたね!
「いや、ガンダムで料理物はできないだろうか?というのは、以前から模索していたネタで、それというのも今、世間では棋士用ご飯、舞妓さん用ご飯などジャンルごとに食べ物ネタの漫画がたくさん、出回っているからです(周期的に編集部でも、ガンダムの料理ネタという話は、出てきては実現に至っていなかった、と聞き及びます)。

でもどうすれば?いいんだろう? パイロット飯? ギレンの料理番? それらも面白くはなりそうですが、いや待て、『ダンジョン飯』がモンスターを食べてる以上、『ガンダム飯』はモビルスーツ、喰わんといかんだろう! と、いう発想のもとに、色々考えていたら、結構、バイオ由来パーツがあるんでないかい、MSには? と、思い至り、今回のようなことになった次第(思いついても、本当にやるのはオレだけだろうし 笑)」
子どもの頃に読んだ戦時中の体験談集で、ダイナマイトは甘い、とかいう記述があったの思い出しました。まあそれよりはよほど身体に良さそうだ、ガンダム飯(笑)

なんて思っていたら、本日、またまた面白画像が!
再現ガンダム飯 再現ガンダム飯
再現ガンダム飯 再現ガンダム飯
「ガンダム飯のレシピに頭を絞ってくれたスタッフの猫崎君から『勢いがついて試しに作ってみました!』と、画像が届きましたよ(笑) 基本、でんぷんの粉を練って、整えて、焼いたそうで、感想としては、『普通においしかったです!』だ、そうな(笑)」
おお! すごえらい! トマトケチャップとマヨネーズがいい仕事してますね。

「ほんとにためしてみるチャレンジ精神には感服です(笑) まあ、バイオマスが完全にでんぷんにもどるかは私も責任持てませんが(笑)未来のことだし! すっかり荒唐無稽な話でもないという気がしなくもない、ということで(笑)」
いやしかし。私、これを見て、ふと「災害レシピ」でネット検索してみたんですが、色々出てきました。ポリ袋でごはん炊くとか、乾パンとかポテトチップを水に浸して料理に仕上げるとか。何事もやってみといたほうがいい気がしてきましたよ、猫崎さんを見習って。
ということで、皆様も、ガンダム飯をキーワードに「災害への備え」を改めて考え直してみてはいかがでしょうか?(思わぬところにオチました 笑)
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=210 | -|
寺田プロデューサーとの対談掲載

「ガンダムエース」5月号に、ゲーム、「スーパーロボット大戦」シリーズ寺田貴信プロデューサーと、長谷川裕一「クロスオーバー対談」が掲載!しますのでお知らせします!(編集部からの連絡が遅いので、てっきり来月になるのかと思っていたよ 笑)対談としてはちょっと多めの6pにわたり、クロスオーバーとスーパーロボットについて語り続ける、ちょっと濃いめの内容であります!さらに、キャラクターものやクロスオーバーものに取り掛かるとき、われらが何をはじめに考えるかなどの、創作の秘密もほんの少し、明かされているのでご期待ください!

カングアザム

画像は対談中に寺田プロデューサーもびっくりしていた、前回登場のカングアザム(仮称)のためし描き。これ、MSコンテストのミキシングビルド賞、受賞作がもとなんですね。(パーツのサイズが合わないので、構成メンバーは変更しましたが 笑)この後バランスを見てグアブロ部分を上下逆さにしました。 「ガンダムエース」5月号は3月26日発売! もちろん、「クロスボーンガンダムDUST」21話「星空のスープ」も巻中カラーにて掲載!前回ラストの大爆発から「スープ」って…いったい?と、お思いでしょうが、そこはれ、お楽しみに!では、また!

| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=209 | -|
炎伝その他配信!
さてDUST20話「スリーピング・ビューティ」はいかがでしたか? アッシュの「ど」天然なセリフに振り回される女子たちに大笑いしてしまった管理人です。いやー、長谷川先輩とは長い付き合いだけど、女たらしの特技まであるとは思わなかったよなー(爆笑)
「実際もモテるなら良かったんだけどなー」
いや、良くない! 今ぐらいが丁度よろしいです!(奥さんの代わりに言ってみました 笑)

バカ話はさておき、告知がたいへん遅くなってしまったのですが、現在、無料漫画配信サイト「スキマ」にて、クロノアイズ、グランサー、忍闘炎伝が、広告付き無料配信されております(忍闘炎伝はログインすることで順番に1話ずつ読める形です)。
クロノアイズおよび続編のクロノアイズ・グランサーは星雲賞を頂いたりもした長谷川裕一の代表作。忍闘炎伝は忍者ものにチャレンジした意欲作で、巻末には聖忍者伝(一部成人向けシーン有り)も入ってます。まだ読んだことなーい!という方は、この機会に、宇宙に出てない長谷川作品もぜひ一度ごらんくださいませ!
それから今回の無料配信について、心配してご連絡くださった方がおられたのですが、ちゃんと契約している販社さんなので大丈夫です! でもご連絡は大変助かりました。メールがエラーで戻ってきてしまったので、この場を借りて御礼申し上げます!

さて、そろそろ21話も校了かと思いますが、先生のほうはいかがですか?
「シェイプ・オブ・ウォーターがアカデミー賞を取ったので舞い上がってます!」
忙しい中、もう見てきたんですね。
「見てきました。ギルレモさん好きだし。いや内容ももちろん良かったですが(ちょいと風変わりな映画ですが。あ、ギルレモなんできちんとグロいとこもあるので、これからの方はご注意されたい!)
なんといっても、『半魚人の映画がアカデミー賞を取った』という、この歴史的な事実にココロ踊らざるを得ない長谷川であります!」

そういや、「アカデミー賞」という単語自体、このブログでは初出では。
「それだよ! だってこの映画、以前ならB級モンスター映画にカテゴライズされてたもの。オタク文化から生まれた映画が、ついにてっぺん取ったっチューことではありませぬかっ! これは・・・巨大ロボでもいけるんちゃいますか? ガンダムでもアカデミー賞、いけるんちゃいますか!?
これは負けてられない、将来、アカデミー賞を取るような作品になる漫画を描こう、と思う長谷川でありました(その前に映画化しなきゃだが ← 今のところ予定はないですが 笑)」

そ、そうか! クロスボーン! いきなり映画ってのも素敵! なんせ、先生も私もサザエさんの波平さんより年上ですからね。うちらが生きてる間に、映像化、切に希望です!(笑)
「な、波平さんより、年上・・・(がーん)」
波平さんは54歳の設定なんですよー(爆笑)
| http://blog.studio-himitsukichi.com/?eid=208 | -|
 | 1/37PAGES | >>